注意をしておきたいポイント!婚約指輪の目利き方法

様々な結婚の形

花嫁

小物使いで差をつける

式を挙げるだけではなく、結婚後にも後悔したくない内情も重なり、ウェディングドレスを着用する女性も少なからずおられます。ウェディングドレスとコーディネートできる小物使いが近年人気を集めており、特に憧れを持たれるベールなどのヘッドドレスは評判の高いアイテムです。ウェディングドレスを華やかに彩るためにも欠かすことができないベールは、チュール生地が一般的ですが、豪華なレースで縁取られたり、金糸や銀糸などを使った刺繍入りのドレスアップされたものまで様々です。またオープンガーデンなどでのウェディングでは、ベールよりもティアラでプリンセス気分や花冠で妖精のような愛らしさなどを演出するなど、美意識の高さは小物使いがカギとなっています。

海外向けのデザイン

近年、国際結婚が話題を集めており、ウェディングドレスも海外のデザインが採用されたタイプが評価されています。また、ウェディングドレスの豆知識として、欧米では欠かせないブライダル儀式の1つにブーケトスとは異なるガータートスが展開されています。サムシングブルーの1つとして、ガーターベルトに青いリボンを付ける場合も多く、ウェディングドレスのスカートの下に取り付けるケースが増えています。花嫁を引き立てるための必須アイテムとも言えるため、ドレスの形やイメージにあわせて選ぶのがポイントです。特に海外でのウェディングで利用されているため、青いデザインを採用し、サムシングブルーの言い伝えとなる幸せな結婚生活を送りたい女性が取り入れるケースは増えています。