注意をしておきたいポイント!婚約指輪の目利き方法

ギャップを利用する

ウーマン

披露宴で着ることになるのが、カラードレスということになります。自分が気に入ったものであれば、どのようなものを選ばなければいけないというような決まりはありません。しかしカラードレスを選ぶときには、一定の目安というものがあります。それは、会場によって合うカラーがあるからです。披露宴の会場が結婚式場やホテルということになると、会場の雰囲気に飲み込まれないように、カラードレスは原色系のものを選ぶようにします。強い照明がたくさん使われているからです。しかしガーデンウェディングの場合には、淡い色のカラードレスを選ぶようにします。それは自然の光がたくさんあるからです。少し違った印象を与えることで、ドレスの魅力が向上します。

カラードレスは、少し工夫をすることで上手に選ぶことができるようになっています。上手に選ぶための方法としては、会場の雰囲気をしっかりと把握することになります。自然の光がたくさん入ってくるというような場合には、淡い色のカラードレスを選ぶようにしますが、ウェディングドレスとのギャップを考えるというのも一つのポイントとなります。ウェディングドレスは純白で清楚な印象がありますが、この場合カラードレスはスレンダーラインやマーメイドラインというようにスタイリッシュに見せることで、違った印象を与えることができます。あまりギャップが激しくならないように注意をします。総合的にはイメージがまとまるように意識をすると良いでしょう。ドレスを試着して、自分の肌の色にあったドレスを選ぶというのも一つの手です。肌に合うドレスはコーディネーターが準備してくれます。