注意をしておきたいポイント!婚約指輪の目利き方法

様々な結婚の形

花嫁

欧米などでは青い物の幸せになれる言い伝えが代々引き継がれています。その言い伝えがウェディングドレスのデザインに採用されたり、ガーターベルトなどの小物に採用されるなど、ドレスと花嫁を引き立てる内容は、日本でも評判を集めています。

More Detail

意思のあらわれ

手

男性が女性に送るものの代表格が婚約指輪です。そんな婚約指輪で選ばれている宝石は何と言ってもダイヤモンド、永遠の輝きとも言われています。求められている平均的な価格帯としては30万円前後が一番多くなっているようです。

More Detail

アフターサービスも重視

ハート

ルースの品揃えにも注意

プロポーズのために、静岡のリングショップで婚約指輪を見繕ってもらう場合、ルースの品揃えについても注意をしておきたいポイントです。ルースは裸石のことで、婚約指輪の場合は多くはダイヤモンドとなるはずです。ルースの品数に注目する理由はルースの加工技術とアームとも呼ばれるリング部分の加工技術は全く別物なためです。リングの加工が得意でも、ルースの加工が苦手なリングショップだと、婚約指輪の品質という面でも不安が残ります。そのため静岡のリングショップで婚約指輪を選ぶ場合も、ルースの品揃えに注目をしておくのが望ましいのです。また実際に静岡のリングショップに足を運んだときは、店員の接客なども注意して見ておきます。アフターサービスもよく、リングショップとしても評判の良い店は接客もまた優れているためです。

老舗のリングショップも

大切な婚約指輪選びで大きな意味を持つのが、どのリングショップを選ぶかです。選んだショップによって、取り扱っているブランドはもちろん、加工技術や選べるオプション、アフターサービスまで違ってくるためです。静岡でもやはり同様で、ブランドを検討してお店を選んだり、オーダージュエリーが可能かどうかで決める方法もあります。特徴的なリングショップも静岡には多く、ダイヤモンドリング専門店も営業しています。婚約指輪のルースの定番といえばダイヤモンドですが、カットやカラーといった4Cにこだわりをもたせたい場合は、このようなダイヤモンドリングの専門店に相談をすることも可能です。老舗も静岡には多いのが特徴で、地元で長く営業しているリングショップならば、購入後のアフターサポートという面でも安心できるはずです。

ギャップを利用する

ウーマン

カラードレスを選ぶときには、会場の雰囲気と合わせることが基本となります。ここに花嫁の雰囲気を加えて考えるようにします。ウェディングドレスとのギャップを楽しむという方法もあります。これで違った印象を与えることができます。

More Detail